通年講座

定員に空きがあれば、通年いつからでも好きなだけ絵画や版画を学べます。

版画 Printmaking

講座番号
SK1
相模原キャンパス
土日

銅版画(相模原)コース(2018年度)

【講師】馬場 章
【開催回数・開催日】[年間全20回]月2回土曜日(原則隔週)
【開講時間】13:30-16:30
【受講対象者】レベル不問
【募集人員】20名
【受講料】5月分 10,000円(内、教材費1,000円)
【主な教材】インク、版画用紙 他
【申込締切】2019年03月16日
※5/7(月)以降にお申し込みいただいた場合、最短で6月の講座からのご案内となります。

銅版画(相模原)コース(2018年度)

銅版画技法は、1400年頃ヨーロッパで始められました。最初は画家の下絵を職人が”ビュラン”という道具で彫る彫刻凹版が主流でしたが、1600年頃エッチング(腐刻法)が盛んになり、画家自らが版画を制作できるようになりました。その後、版画技法は画家や職人の発想により開発され続けました。
現在も、技術そのものは開発された当時そのままですが、版画のスタイルは絵画の歴史とともに様々に変化し、多様な作品を生み出しています。

この講座では、版画技法の基本から応用までを実習します。
初めて経験する方はエッチングから様々な腐蝕技法、色彩版画、メゾチント、写真凹版技法など順を追って経験して行きます。経験者の方は、これらの版画技法の範囲で作品制作に役立つ方法を追求していきます。
年度の最後に、この講座に参加した皆さんの作品を展示する機会を設けます。

■第1期【全6回】=5/12(土)、5/26(土)、6/9(土)、6/23(土)、7/14(土)、7/28(土)

■第2期【全8回】=9/8(土)、9/22(土)、10/13(土)、10/20(土)、11/10(土)、11/24(土)、12/8(土)、12/22(土)

■第3期【全6回】=2019/1/12(土)、1/26(土)、2/16(土)、2/23(土)、3/9(土)、3/16(土)

※受講料は各月ごとにお支払いいただきます。
※通年講座では受講料割引制度は適用されません。

このページのTOPへ