表現する美術

絵画や版画、造形などのアートの原点である「表現する美術」を学びます。

絵画 Painting

講座番号
TB2
杉並キャンパス

日本画の素材で夏を彩りましょう

【講師】神保 千絵
【開催回数・開催日】[全2回]8/6(月)、8/7(火)
【開講時間】12:30~16:30
【受講対象者】レベル不問
【募集人員】20名
【受講料】(一般)18,000円、(卒業生)16,500円、(在校生)11,000円(内、教材費4,000円)
【主な教材】日本画用絵具、うちわ 他
【申込締切】2018年07月20日
申し込み受付を終了いたしました。

日本画の素材で夏を彩りましょう

伝統工芸品に指定されている南房総特産「房州うちわ」の和紙の面に、岩絵具・水干絵具・箔・墨・胡粉などの日本画の素材で自由に彩色します。用意してある画材の他に、屋外で拾った石で絵具を作り、天然の素材から生まれる色を楽しみながら制作をします。
完成した作品は実用品やインテリアとしても活用できますので、暑い季節のさわやかな彩りとなるでしょう。

[講座スケジュール]
日本画の素材や扱い方についての説明、女子美術大学で製造しているエコ岩絵の具の紹介の後、スケッチブックにデッサンをして構成を考え、下図を作ります。うちわの両面に着彩をして、最後に完成した作品を鑑賞します。

[持ち物]
水彩用具、着彩用筆、鉛筆、スケッチブック(F4号)、タオル
希望のモチーフがある方はご持参ください

[完成作品]
両面彩色団扇
受付終了

このページのTOPへ