表現する美術

絵画や版画、造形などのアートの原点である「表現する美術」を学びます。

絵画 Painting

講座番号
TB3
杉並キャンパス

水を味方に水彩画を描こう

【講師】青木 裕幸
【開催回数・開催日】[全4回]8/1(水)、8/8(水)、8/22(水)、8/29(水)
【開講時間】13:00~16:00
【受講対象者】初心者・初級者
【募集人員】20名
【受講料】(一般)22,000円、(卒業生)20,000円、(在校生)12,000円(内、教材費2,000円)
【主な教材】水彩紙、モチーフ 他
【申込締切】2018年07月1日
開講定員に満たなかったため、こちらの講座は不開講となります。

水彩画は文字通り水の(あや)によって表現される絵画です。
絵の具を水で溶いた時の分量やバランス、紙との相性、その湿り具合、乾き具合。それらが相まって、時に思いもしなかった表情が紙の上に現れたりします。これこそが水彩画を描く醍醐味です。
まずは水の特性を知る事から始めましょう。そうすれば水はあなたの味方となって、様々な水彩表現を可能にしてくれることでしょう。

[講座スケジュール]
にじみ、ぼかし、グラデーションなど、水の特性を活かした水彩表現を実物や写真によるモチーフを描く過程で実習し、静物、風景、人物画を仕上げていきます。

[持ち物]
水彩道具一式(透明水彩絵具、パレット、筆数本)、鉛筆、練り消しゴム、筆洗い用バケツ
※水彩画用紙のみこちらでご用意いたします。

[完成作品]
F4大の水彩画3枚、はがき大2枚
受付終了

このページのTOPへ