表現する美術

絵画や版画、造形などのアートの原点である「表現する美術」を学びます。

絵画 Painting

講座番号
TB6
杉並キャンパス

鉛筆で始める人物デッサンの基礎

【講師】土屋 泉太
【開催回数・開催日】7/26(金)、7/27(土)、7/28(日)[全3回]
【開講時間】13:30~16:30
【受講対象者】レベル不問
【募集人員】24名
【受講料】[一般]16,000円、[卒業生]13,000円、[在校生]9,500円(内教材費3,000円)
【主な教材】モデル代
【申込締切】2019年06月26日
※開講定員に達しなかった場合、中止となる場合がございます。

デッサンは線を引くこととカゲをつけることを組み合わせ、カタマリをつかまえます。
良いモデルさんに出会えたら、手が動くかなんて心配はいりません。
初日のデモンストレーションで鉛筆と消しゴムの使い方や顔の捉え方を見ていただきます。
応用編をイメージした基礎編が面白くない訳はありません。

【スケジュール】
1日目『頭部または上半身』 デモンストレーション、制作、講評
2日目『上半身またはトルソ(胴体)』制作、講評
3日目『トルソ(胴体)または全身』制作、講評

【持ち物】
鉛筆(4H、2H、HB、2B、4B、6B)、プラスチック消しゴム、ねり消しゴム、鉛筆けずり又はカッター

【完成作品】
木炭紙大(65×50cm)デッサン3枚
受付終了

このページのTOPへ