表現する美術

絵画や版画、造形などのアートの原点である「表現する美術」を学びます。

版画 Printmaking

講座番号
TC1
杉並キャンパス

紙漉きからの銅版画

【講師】峰山 花
【開催回数・開催日】[全3回]8/10(金)、9/1(土)、9/2(日)
【開講時間】10:00~17:00(昼食時間を含む)
【受講対象者】レベル不問
【募集人員】20名
【受講料】(一般)34,000円、(卒業生)31,000円、(在校生)18,500円(内、教材費3,000円)
【主な教材】銅板、インク、和紙原料 他
【申込締切】2018年07月16日
申し込み受付を終了いたしました。

紙と版がプレス機でギュッ!っと出会うとき、一枚の銅版画が生まれます。紙を手作りすることで、版に刻まれたイメージは、より表情豊かになります。
一般的に知られる流し漉きよりも原始的な、留め漉きという方法で和紙を作ります。
また、銅版画は基礎から丁寧にレクチャーしますので、初めての方も大歓迎です。

[講座スケジュール]
1日目:紙のはなし、紙漉き、版の下準備、描画
2日目:描画、腐蝕、試刷り、ドーサ引き
3日目:刷り、鑑賞会

[持ち物]
エスキース(下絵)18cm×12cm以内、筆記用具、描画に必要な参考資料・モチーフなど
汚れても良い服装でお越し下さい(サンダル・ヒール履き不可)

[完成作品]
18cm×12cm以内の銅版画作品
最大A3サイズの和紙 10枚まで
受付終了

このページのTOPへ